技術人材育成についての取り組み

エンジニアが着実に成長できる環境を整え、専門技術とヒューマンスキルの向上を支援します。

研修制度

当社による職能別・キャリア別の充実した研修制度によって、エンジニアの着実なキャリアアップを支えています。

定期採用者研修

入社後、社会人としての基本と基礎技術の習得を目的に研修施設で5ヶ月(職能により3ヶ月)の導入研修を含む技術研修を行っています。

導入研修
経営理念、ビジネスマナー
技術基礎研修
仕事に必要な知識・技術、プロセススキルを学びます。

技術研修終了後、業務スキル向上を目的にOJT研修を行っています。

OJT(On-the-Job Training)研修
先輩社員がいる職場環境の中で業務を行い、先輩社員の指導やフォローを通して、業務で必要な知識や技術を学びます。

各種技術研修

それぞれのキャリアに応じて、エンジニアの着実なキャリアアップを支援します。

(研修例)

職能別社内技術研修
(UML設計実践、電源技術の基礎と実践、機構設計の基礎と実践など)
職能共通技術者研修
(ロジカルな技術文書の書き方、問題解決手法、プロジェクトマネジメントなど)
パナソニックグループ研修カリキュラム活用
(高速パワーデバイス 、機構設計、ソフトウェア・アーキテクト育成 、システム基盤要素技術)
外部機関研修
(電源設計セミナー、3次元設計上級、リアルタイムOS開発など)
通信教育
(エレクトロニクス制御講座、自動機械設計講座、組込システム講座など)
e-ラーニング
(高周波回路、機構設計、Javaプログラミングなど)

階層別研修

各階層に必要な役割、能力、行動の習得を目的とした研修を行います。

新任リーダー研修
人事制度、評価制度などリーダーとしての役割遂行に必要な知識とプロセスを学びます。
昇格候補者研修
各ランクでエンジニアとして必要なスキル、意識、行動についての理解を深めます。
キャリア入社者向け研修
事業グループの枠を越えて当社のミッション、ビジョンを学び互いに交流を図ります。

技術資格取得支援制度

個人のスキルアップのひとつとして、資格取得を推奨しています。資格取得に向けた勉強会開催や実技試験の技術指導などを行っています。資格取得の成果を称え、報奨金や受験料を支給する資格取得報奨制度も整備しています。

推奨資格 例)

職能 資格名
ソフト系 プロジェクトマネージャ
システムアーキテクト
ITストランテジト
エンベデットシステム
スペシャリスト
データベース・スペシャリスト
ネットワーク・スペシャリスト
情報セキュリティスペシャリスト
応用情報技術者
OCUP UML検定アドバンスト
機械・製図系 機械製図CAD作業1級、2級
機械製図手書き作業1級、2級
テクニカルイラストレーション技能士1級
職能 資格名
電気・電子系 陸上無線技術士第1級、2級
3種電気主任
EMC設計技術者(標準)
生産技術系 NARTEエンジニア(EMC)
NARTEエンジニア(製品安全)
評価職能系 品質管理検定(QC検定)2級
技術他 技術士
TOEIC800点以上
TOEIC650点以上

目標管理

キャリアアップサイクル

社員一人ひとりの1年間のスキルアップ目標に対し、
PDCA(Plan[計画]→Do[実行]→Check[評価]→Act[改善])サイクルを実行し、 一連の流れを毎年繰り返すことで、スキルのスパイラルアップ(螺旋階段状の成長)を実現します。
PDCAの各ステップにおいて、責任者が個別面談を通して指導、助言を行い目標達成を支援します。

PDCAサイクル

職能別ワーキンググループ活動

ソフトウェア職能WG/電気職能WG/機構職能WG

各分野の専門技術者たちが自主的に集まり、専門性をさらに磨くための勉強会や、経験豊富な技術者が若手社員に技術を継承する研修会などの職能別ワーキンググループ活動を実施しています。